CBDJ暗号資産としての可能性

ビジネスへの想いが強くない暗合通貨に魅力が無くて、将来性が有るとは思えません
あなたが暗合通貨を購入するとき、ホワイトペーパーを見て投資を考えるのではないでしょうか?

日本政府が暗合通貨を暗号資産と言い換えたのみも理解できます。

そこで、このBCDJ暗合通貨とはどんなものでしょう?

長年に渡り、化粧品、健康食品業界に携わっているようで、日本人の未だに続く
欧米コンプレックスに翻弄されたマーケットから、日本から発信する物作りを世界へ・・・
その製品作りの実力とプライドを海外へという想いこそが、この暗合通貨を
世に送り出 したい思いとなり、また原動力に成ったようです。

大手にはない「小粒でピリリと辛い山椒」のような企業として、
コンパクトだからこその展開や決済、スピーディーであることを
モットーに実業の物作りを加速度的に世界へ羽ばたかせる為に
と聞いています。

CBDJ暗号資産とはなにか

CBDJ暗号資産について語るにはCBDJプロジェクトとはどのように成り立っているか
その概要から考える必要があると思います

そもそのCBDとは何か?
CBD(カンナビジオール)は世界的規模の生産地でもあるアメリカ、カナダでは
その認知度は高くなり急速に普及しつつありますが、日本では大麻由来ということで
ドクターによる個人輸入など限られ、正規ルートでの取引きが一般的ではありませんでした

しかしその効能が高い為、近年ではブログ等で紹介される記事も増えていると
感じています。
またいくら効能が高いと思われても安全性が確立されてなければと
当然考えるとおもいますが、それも大丈夫なようです

WHOが認めた効用(安全性と有効性)として報告書の日本語訳を見つけましたので 掲載します
リンク先

またFDAの承認を得ているようで、FDAではCBDを食品と位置付けています。
日本でいう「特定保健用食品(トクホ)」と考えれればようかと
国の審査のもとに消費者庁(※)の許可を受けた食品ですから安全性に関しては
問題ないとおもいませんか?

では効能はどの様に思われているのでしょうか

アルツハイマーの抑制!?

認知症を患う人の数が2025年には700万人を超えるとの推計値が発表されていて
これは、65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症に罹患する計算となるほど
患者数が増えると思われている病気ですよね
この アルツハイマーに対する予防としての需要だけでも今後のCBDを原材料とした
需要が拡大するのではと思われますが、なんと更なる予防として
効能を期待されているのです

ガンに効く!?

ガン患者の増加予想も死亡数と罹患数は人口の高齢化を主な要因として、
ともに 増加し続けています
将来的に国民の2人に1人がガンになり、3人に1人が死亡すると言わ れているほどです

小児てんかんにも対応!?

てんかんは最も頻度が高い神経疾患のひとつで生涯を通じて
1 回でも発作を経験する人は人口の約10%、2回以上は人口の約4%程度とされています。
頻回に発作があり、「てんかん」と診断される患者はおよそ1%です。
したがって、わが国では約100万人の癲癇患者が存在するとも推測されています
特に小児のてんかんは脳の発達に重大な影響を及ぼし、1/3の患者に精神・発育・学習の遅れが生じ、
重度の場合には脳機能が荒廃し、成人でも記憶障害、認知障害、精神障害、運動障害といった
神経症状を伴うことがあり、発作のみならずこれらの脳機能障害のため、
就労に支障をきたすことが問題となっている 病ですので効果があると広まれば、その需要もまた
計り知れないでしょう

これほどのポテンシャルを秘めたCBDオイルも先ほどの「大麻由来」ということで
中々、輸入が難しく今もって世に広まっていないとは残念ですよね

しかし安全性に問題が生じる大麻本来の成分がCBDオイルに混じると社会問題となるのは
容易に想像されます

そこで、その原材料の管理をブロックチェーンで行う事を考えたのがBCDJ暗号通貨ってことのようです
前置きが長くなりましたがこのBCDJプロジェクトの一旦が見えてきた気がします

日本を皮切りに海外マーケットを視野に入れた「CBD取引市場」の実現という
CBD一大プロジェクトを香港におけるICO(Initial Coin Offering)を利用した
資金調達をベースにスタートしたという経過経緯があるようです

CBDJ暗号資産の将来性!

CBDコインの価値を上げる要素に考えると、冒頭にあげた未来性と需要拡大の
可能性を考えたら十分すぎると思います
ただ、今までのICOは夢のみを語りお金を簡単に集めるだけ集めて
WWBのCEOであるフジマルのようにICOは法的に守らてもなく
企業がICOの価値を高めるものでもないとのTwitter発言で価値が1/2に
下落するといった無責任な発言はホルダーとしては看過できません
これは、私たちが見守っていく必要もありますが、例えば一時的な下落が
有ったとしても将来性を高く感じる暗合通貨を手にしていると感じています

購入時期があまりにも高すぎる時期に発行されたICOのほとんどは
上場とともに90%以上の下落を見せていますが、しっかりした内容の
伴う案件は1/10程度の下落でとどまっていると感じています
まだ、この記事を投稿する本日においては未上場ですから、なんとも言えませんが
今後は、上場後の情報も配信してく予定です

農園・工場のM&A オフショア銀行の設立準備 海外の製薬会社のM&Aなどの
ロードマップが 有ったと思いますので進捗情報も調査していきたいですね

CBDJ暗号資産ブロックチェーン運用方法

追跡可能なデータにより品質を保証を担当することは大変な労力を必用と考えられるが
これもブロックチェーンの技術により、より簡単にまた透明性を高めるのではないかと
感じています

ブロックチェーン”をベースにしたCBD取引管理の構築はCBDの栽培情報、品質情報、
流通状況をブロックチェーン上で管理しCBD現物取引市場における「信用取引の実現化」 に繋がると感じています

また、CBD現物取引市場における「CBDJコイン」を利用した決済も考えられるでしよう

CBD現物の栽培情報、品質情報、流通状況を適切に管理する
プラットフォームを構築、その上で重要性が高く将来性を感じています

下記に記載する内容は現時点で入手したホワイトペーパーの抜粋です
英語の原文でしたのでニフティーの自動翻訳ならびにGoogle翻訳を掛けましたが
分かりずらいですが投稿します
但しこの内容は2019年5月5日での情報でしかありませんので
その後、発表されたホワイトペーパーが有る場合、又は
公式な発表がなされたホワイトペーパーが有る場合にはそちらを正と
お考え下さい


CBD日本プロジェクト白書


1.CBD日本プロジェクト概要

日本品質レベルでの「CBD製品」を消費者に配達する

このプロジェクトには、以下の製品の開発が含まれます。

「無毒の大麻」-「CBD((カンナビジオールの略称)。今後 「CDB」と呼ぶ)、および信頼性の高い安全な配布

サイトを通じて、世界およびアジア地域を代表して「日本品質」のCBD関連製品を世界に提供します。

日本では、「大麻」と言うと、「麻薬」、「違法薬物」、「精神障害」などの根深い「否定的な」イメージを引き起こすかもしれない。

しかし、現在北米および世界中で、このイメージは完全に払拭されており、その効力の強さのため、それは「治療の救世主」として賛美されている。

この理由のために、医療関係者や患者だけでなく、政府機関や多くの投資家からも注目されています。

大麻は、大きく分けて「THC(テトラヒドロカナビノールの略称)」と「CBD」の2種類の要素タイプに分類できます。

「THC」は、幸福感の中心的な要素を形成しているアクティブな成分である(通常の大麻=違法薬物というイメージは、この要素を示しています)。この理由のために、「THC」に含められている製品は、大麻取締法のために日本国内および多くの地域で取り扱うことができません。

一方では、「CBD」によって、副作用の危険が全然なく、後述するように様々な疾患の治療に有効であると言われています。

この理由のために、この「CBD」の成分は、オイル、「CBDオイル」、「CBDサプリメント」などに溶け込んでいます。

口から摂取できるように加工されたものは、日本で合法的に販売、所有、および使用できます。

このプロジェクトの焦点はこの「CBD」要素でもある。

日本以外の国では、その特定の国の規則に従う必要があります。

最近の研究において 「CBD」と「THC」の悪影響に焦点を当てるのとは対照的に、次のような特徴が言及されています。

・吐き気と嘔吐の・軽減
 発作の抑制

・不安やうつ病の緩和

・ 神経変性疾患の抑制

・ 抗炎症、抗腫瘍、抗酸化作用

これらの効果に基づき、副作用なしで効果的な鎮痛剤を提供することができると議論されています、

fアルツハイマー病、 若年てんかん、癌、および他の関節疾患に。

このため、「CBD」は北米ですでに治療に積極的に使用されています、

そして、すでにこれの大量の証拠(医学的根拠)がすでに公表されています。

患者の間で事実上の標準になりつつある。

しかし、「CBD」は日本の浸透はしておらず、世界でも消費者の意識は非常に低いです。

さらに、事実は、関連製品を扱うディーラーが実用的に存在しないことである。

これらの理由は、「CBDビジネス」を大規模事業として行うためには、大量の「CBD」を輸入する必要があるためです。

海外で生産されており、厚生労働省から必要な許可を得ることは極めて困難です。

このため、「CBDオイル」などの「CBD」を含む製品を日本で購入する場合、ほとんどの人は個々の輸入品をインターネット経由で海外から購入することになります。

製造業者が非常に少ないため、調達自体が面倒であり、多くの消費者は高価格に不満を持ち、品質の観点から不安を感じています。

この背景に対して、「CBD JAPANプロジェクト」では、北米地域であるCBDと同様に、アジア地域での「CBD」をCBDを必要とする人々に提供できることを目指しています。

また、日本市場を中心に品質を重視し、高品質な原材料を安定的にアジア市場に供給できるように、CBDファームと製造業を統合しています。

私たちの使命は、生活の質の向上に貢献することです。信頼できる安全な「CBD関連製品」を日本、アジア、そして世界の他の国々で病気や痛みに苦しんでいる消費者に安定供給することです。

この使命を実現するために、「CBDJ(CBD JAPANの略)」トークンを発行しています。

これらのトークン経済活動を通じて「CBDJトークン」から得られる利益の一部は、CBDの普及に関与している組織や研究機関に寄付されるものとします。 、

これが私たちの使命を加速させる方法です。

—————————————————-

  1. CBD Efficacy
    2.CBD効力

私たちの2013年の研究で、「CBD」は、吐き気や嘔吐の抑制、発作の抑制、さらには不安、うつ病、精神疾患の治療にも有効であることが明らかになりました。

それはまた、それが神経変性疾患、抗腫瘍効果、および抗酸化効果に対して有効であるかもしれない抗炎症効果を持っていることが明らかにされました。

ここでは、「CBD」によってもたらされる7つの利点について論理的な説明をします。

(1)痛みと炎症の緩和

「CBD」の効果の中で、人々が最もよく知っているものはその鎮痛効果です。

「CBD」は、疼痛伝達経路上のニューロン信号伝達を抑制することによって、疼痛との闘いにおいて有効であることが明らかにされている。

2012年に発表された研究では、「CBD」は鎮痛剤耐性を引き起こすことなく、慢性炎症および神経因性疼痛を大いに抑制できることが示されました。

それはまた、以前の鎮痛薬とは異なり、毒性がないという事実からも注目を集めています。

例えば、英国では、「CBD」を使用した経口スプレー薬Sativexが、多発性硬化症によって引き起こされる神経因性疼痛および痙縮の治療薬として使用されています。

(2)不安の軽減

「CBD」は「あなたの気持ちを落ち着かせる」と「リラックスできるようにする」という利点があると報告されています。

不安障害を患っている被験者を対象に実施された研究では、「CBD」の抗不安効果がはっきりと証明されています。

「CBD」は社会不安障害患者の不安を軽減することが示されており、研究者らはパニック障害、強迫神経症、社会不安障害、睡眠障害、およびその他のPTSDに関して有効である可能性を指摘しています。

(3) 発作の症状を抑える

「CBD」は若年てんかんからの発作を抑制するのに有効であることが報告されている。

「CBD」は、CNNが米国で放送したドキュメンタリー「Weed」の放送中、2013年に最初にスポットライトを当てました。


このプログラムでは、深刻なてんかんの一種であるDravet症候群にかかっている少女の発作は、このような利点を含むこの製品のおかげで週に数百回からゼロにまで減少したという衝撃的な事実が議論されました。

それ以来、多くのてんかん患者、特に難治性てんかんを患っている患者の両親は、「CBD」を購入するために競争してきました。

(4) 神経保護効果

「CBD」は神経保護作用を有する。若年てんかんでは、頻繁に発生する発作は脳を損傷する可能性があり、それが発育遅延を引き起こす可能性があります。。

したがって、「CBD」は、脳の損傷を修復する可能性があることから多くの注目を集めています。

「CBD」の有効性はまた、米国政府が現在「C​​BD」の神経保護効果に関して多数のパターンを保持しているという事実からも評価することができる。


(5) 治療効果

複数の科学的報告は、「CBD」の利点が癌細胞転移、接着、および他の浸透を抑制することの抗増殖効果(アポトーシス促進効果)を含むことを実証した。

2006年に発表された研究では、「CBD」が乳癌腫瘍細胞株の増殖を強くそして選択的に妨げ、そして非癌細胞と比較して非常に弱い効果を示すことが示された。

特に、悪心・嘔吐の抑制、化学療法の施行に有効であることが示されました。

(6)抗精神病薬の効果

「CBD」の利点のうちの1つはその抗精神病作用です。

「CBD」は非定型抗精神病薬の薬理学的性質と同様の薬理学的性質を有し、統合失調症に対する「CBD」の抗精神病薬の利点に関して海外で研究が盛んになっている。

(7)酸化防止効果

「CBD」は優れた抗酸化作用があると言われており、アンチエイジングの面でも効果があることが証明されています。

米国では、「CBDオイル」を含む多くのスキンケア製品が販売されています。

—————————————————-

  1. The“CBD マーケット
    3.「CBDオイル」 市場

トークン経済圏と国別市場

「CBD製品」は普及し始めたばかりで、その生産と市場は特定の国に集中する傾向があります。

米国、その最も人気のある市場に続いて、サイズの点で次の市場はイギリス、スペイン、ドイツ、チェコスロバキア、オーストラリア、カナダの市場です。

今後、日中両国を含むアジア市場は高い可能性を秘めていると予測されます。

T米国は2017年現在、明らかに「CBDオイル」の最大の市場であり、5億3500万ドルでした 。

次に、EMEA(ヨーロッパ、中東、アフリカ)が1億2,900万ドルでした。

これに続いてAPAC(アジア太平洋地域)が5500万ドルで続いた。それは市場が今後も拡大し続けると予測され、年間市場成長率は40%以上、米国市場は20億5700万人に拡大する

(TECHNAVIO.comによる研究)

米国市場とEMEA市場にはすでに「CBD製品」の主要な流通がありますが、APAC市場の主役である日本は、今のところ、大麻由来の製品の否定的なイメージを払拭することができませんでした。

このため、日本を含むアジア地域の潜在的な市場の規模を予測することは不可能でした。

この日本市場では、このプロジェクトを通じて「CBD関連製品」と品質レベルを商品化します。これは、日本とアジア地域向けの「CBD関連製品」の販売に携わる唯一のプロジェクトです。

商品化までの厳格な規則、品質、その他の品質管理を含む日本の製品ブランドへの信頼が、APAC市場の主な原動力となる中国の購買力を効果的に刺激すると考えています。

APAC市場では、2021年までの3年間、日中両国がシェアを独占することになり、その50%以上が本プロジェクトの製品で構成されることが予想される。

将来、トークンエコノミーゾーンは「CBD製品」市場を意味するだけでなく、トークンを使用して簡単に製品を購入できるという概念、変更なしに保証の品質を確認できる、ユーザーの 「真の声」を聞くことができる

すべての生産者、販売業者、およびその他の利害関係者がそのメリットを享受できるような枠組みを構築することによって、より高品質でより大きな経済圏が生み出されると考えられています。

「CBD製品」のユーザーの潜在的な数

「CBDオイル」は、有効性のそのハイレベルのため、多種多様な病気を持つ患者に塗られえて、従って、これらの条件のうちのすべては、広い感覚において目標ユーザーと考えられる。「CBD」が効果的な代表した病気を持つ患者のスケールと変遷は、下に示される。


(1) 癌患者

日本では、癌による死亡数と罹患率が人口の高齢化の主な原因であり、これは増加傾向にあります。将来的には2人に1人が癌になり、3人に1人がそれによって死亡すると言われています。

日本の癌発生率は年々増加しており、2020年から2024年までに患者数は100万人を超えると言われています。

2016年現在、世界には400万人以上の癌患者がいます、そして、これはまだ増加しています。

(2)若年てんかん患者

日本では、これは人口の100人当たり0.5-1人(0.5%から1%)に見られる病気です。これは最も一般的には3歳以下で起こり、そして患者数は成人で増加するが、脳血管障害のような原因のために、60歳を超える高齢者におけるてんかんの発症の増加がある。

てんかんは、最も一般的な神経障害の1つであり、生涯にわたって少なくとも1回の発作を経験している人々の約10%、および2回以上の発作を経験している人口の約4%において見られます。上述のように、人口の0.5%〜1%が頻繁に発作を起こしており、「てんかん」を有すると診断されている。

したがって、日本には約100万人、世界中には約5000万人のてんかん患者がいると言えます。


(3) アルツハイマー病患者

この計算によると、65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症に苦しむことになります。

さらに、世界規模で見ると、これは2050年までに1億3200万人に達する可能性があり、これは現在のレベルの3倍の増加(約4680万人)です。世界中で60歳以上の高齢者は9億人と言われています。このグループは、今後35年間で、裕福な国で65%、中低所得国で185%、貧困国で239%増加すると予想されています。

—————————————————-

  1. ビジネス内容

(1)「CBD」関連商品の販売

現在、ヨーロッパ、アメリカ、カナダなどの海外では、「CBD」を使用していると記載されている製品が多数あります。

日本を含むアジア地域では、これはまだ公式輸入の水準に達しておらず、それらは現在個別輸入に基づいて販売されているので、このプロジェクトは日本を提供する最大の材料商社からの公式ルートを築くことを目的とする。質の高いCBD材料を購入し、このプロジェクトのオリジナル製品として販売してください。

(2)今後の展開

(2) -1原料

大手材料商社からの供給


① 熟したエキスからの「CBD」がある
大麻種と茎、および0%「THC」

※成分は以下に従って抽出されます
日本の法律に応じた製造法
  

②苗はヨーロッパとアメリカで育った大麻材料です

③ それらは遺伝子組み換えではありません

④-1「THC」が、取り除かれその他の有効成分
「CBD」が含まれる


④-2「CBD」は取り出される

(2) -2製品開発

このプロジェクトは、必要な人が日本品質の「CBDオイル」を簡単に手に入れることができるように、独自の製品を開発しています。

当初、私たちは健康食品から製品を開発し始め、すぐに各カテゴリーで開発された製品を増やしました。

(2) -3販売フォーマットおよび決済方法

私たちはこのプロジェクトのために専門のECサイトを立ち上げました、そして私たちはこのウェブサイトで「CBD関連製品」を販売しています。

売却時の決済方法では、CBDJトークンを使用した決済が可能です。他の暗号化通貨を使用した決済もサポートする予定です。

CBDJトークンを使用して購入する場合は、割引価格が適用されます。

(2) -4販売地域

アジア地域への販売をサポートするためにECサイトを拡張しました。

(3) 「CBDJ」を使っているトークン経済の実現

リゾートとしてのアンチエイジング!」という考え方で、日本品質のCBDを使って「医学、健康診断、美しさ、そして食事」を実現するために、「メディカルツーリズム」という概念を発展させています。

私たちの目的は、施設内のすべての決済をCBDJトークンと互換性のあるものにすることで、CBDJトークンの流動性を高めることです。

また、品質重視の日本市場を中心に、安定した方法で高品質の原材料をアジア市場に供給できるように、製造業のCBDファームを統合することも計画しています。

その時の商取引はCBDJトークンを使って行われます。

将来的には、CBDJトークンをデリバティブにも使えるようにすることを目指しています。

—————————————————-

  1. ICOの理由

「CBD」経済水域の持続可能な開発

「CBDJトークン」を発行する目的は、農場、生産工場、試験機関、医療施設、患者、家族、その他すべての関係者が、トークン経済を通じて「CBD」の恩恵を受けられるような枠組みを構築することです。今後世界中で発展する市場。

革命的な利点を持つ「CBD関連製品」に対する多様な需要があります。 「CBD関連製品」を購入する目的は人によって異なります。例えば、生命を脅かす病気を治したい、寿命を延ばしたい、老化と闘いたい、美しくしたい、または幅広い範囲の治療を望んでいる

さらに、「CBD関連製品」を推奨する販売代理店または医療提供者は、製品から得られる利益に焦点を当て、「CBD関連製品」の購入を検討している患者、家族、その他の看護スタッフから、その機能と効能に関して 実際のフィードバックを聞きたいと思うでしょう。

「CBD関連製品」の原材料を生産する農家や製品製造業者は、製品レベルと評価に関して、第三者機関による評価を必要とします。これらの問題を克服し、「CBD」のためのトークン経済を発展させるために多様な支援を提供することが必要である。

このプロジェクトは、これらの問題を解決するために、インターネットが始まって以来革命的な技術である「ブロックチェーン」技術を使用しています。今後は、「CBD」のトークン経済を固めるために、「CBDJトークン」の発行と管理を行います。

—————————————————-

  1. 6.トークン価格構成メカニズム

「CBD」のトークンエコノミーを立ち上げ、拡大するために、「ERC20」に準拠したトークンである「CBDJトークン」を販売しています。

このトークン販売により、暗号化された通貨「BTC(Bitcoin)」または「ETH(Ethereum)」から「CBDJトークン」を取得できます。

取得は、上記の暗号化通貨からこのトークンへの一方向でのみ行われ、トークンの販売時点では、このトークンから[BTC]、[ETH]、またはその他の暗号化通貨に変換することはできません。

これらのトークンの取得は、当社が決定したユーザー契約に同意したユーザー、および当社が承認したユーザーに限られます。

基本的なトークン情報

■ 言及するポイント

トークンセールに参加する前に、ユーザー同意書をよく読み、十分に理解してください。