CBDに対する期待と不安

CBDオイルは大麻草から抽出さる化学物質を含みます。
これらは脳の受容体に結合し、痛みの症状の緩和に寄与します。

麻薬とされているのはTHCで、
THCはカンナビノイドとして数えられる成分のなかのたった一つに過ぎません。

CBDも同様に脳の受容体に結合しますが、ハイな感覚を引き起こすことはありません。
CBD推奨者らによれば、CBDオイルには、がん細胞の成長を遅らせることや、
精神的衛生面の改善に至るまで、多くの健康上の利点があると主張しています。

CBDは全く副作用をもたらすことなく不安障害を持つ人々の症状の軽減に役立ちます。

大麻化合物が精神活性作用を持つのではないという事実を強調します。
特にCBDは、THCが持つ副作用を持ちません。
CBDは抗不安剤であり、THCの効果を中和すると考えられています。

CBDオイルに対する研究は初期段階ですが、人の不安な症状を
効果的に取り除くことを示す証拠が増えています。

CBDオイルがどのようなものであり、不安症状を軽減させるのかについて
注目すべきは、CBDのプラスの影響を予測するのは困難です。
それにもかかわらず、CBDは脳の海馬領域における新しい
ニューロンの形成を促進するように思われ
将来の応用への期待はなお大きい

しかし最新の調査では、不安障害に対するCBDを調査した
過去の研究結果を比較しまており、不安障害に対するCBDは
長期的に見た場合どのように人に影響を及ぼすか
又CBDは感情的な記憶プロセスに影響するか?
結論を引き出すにはまだ十分な証拠がそろっていないとする
学者がいるのも事実のようです